季節のスケッチ

#093
2022.12.30

神様に意識を向けるーーってことをとても大事にしています。
私はクリスチャンなので、ということももちろんあるのですが
明るい方へ意識を向ければ起きる物事が変わるーー
スピリチュアル系?の世界、引き寄せの法則、などで
言われていることの本質はこれだったんだナ、と
今にして思うのです。

だって神様には闇が無いからです。罪も闇も影も無い。
神はただ、光です。
その光は私たちがもって生まれてきたもの、
最初から識っているもの、
神様にそのように創られ、与えられ、
今もそして永遠に生かされている光、です。

その光はあらゆる闇を溶かし、洗い流し、
燃やし尽くし聖くする、
闇も影も罪もこの光を打ち負かすことは出来ません。

凄くないですか??私たちはその光を常に
持っている、抱えている、存在なんだけれど、
敵もさるものでその光が面白くありません。
自分たちの存在を主張します。何ならこっちの方が
優れている、勝っている、圧倒的に優位である、
とわかりやすく世の中に喧伝することで
光、を無力化しようとします。
そんなもの、まったく無力で無意味なんだと、
心から信じさせ、絶望させようとします。

心から信じれば、それは信仰、になります。
私がクリスチャンになったように。
無力じゃなくてもそう信じれば、
無意味じゃなくてもそう強く思えば、
それはひとつの信仰です。

その信仰を持たせるためには数字や、映像が駆使されることが多い、
人間がいちばん影響を受けやすいものが何か、を知っているからです。

こうやって生まれてしまった負の想念を、私たちは
ネガティブな思い、マイナスの気持ち、って呼びますよネ。

騙されないで!!いうことをきかないで。
それは真実ではないからです。

真実はひとつで、神は光であるということ、
私たちは皆そこから生まれ、そこに還り、
永遠に生きるということ。
あなたが信じるなら。
信じて祈るなら。

だからいつも神様に意識を向けて、
その光を感じて、信じて、祈って、ーー
そうすれば次にどうすればいいかは
きっと、いいえ絶対に、
主があなたに、私に
教えてくれるでしょう


「何事も神の御心に適うことをわたしたちが願うなら、
神は聞き入れてくださる。これが神に対するわたしたちの
確信です。
わたしたちは、願い事は何でも聞き入れてくださるということが
分かるなら、神に願ったことは既にかなえられていることも
分かります。」 (ヨハネの手紙第5章14節~15節)

"Now this is the confidence that we have in Him,
that if we ask anything according to His will,
He hears us.
And if we know that He hears us,
Whatever we ask,we know that we have petitions
that we have asked for Him."
(THE FIRST EPISTlE OF JOHN:5;14~15)


=しょうこ=

Archives